[済州旅行.歴史.日帰り] 太平洋戦争の日本軍事施設と済州5大観光地

 
太平洋戦争の日本軍事施設と済州5大観光地

ツアー内容
済州旅行を企画している方に悩み解決!の済州特別観光をご紹介させていただきます。今回は済州島に太平洋戦争当時の日本軍事施設と自然景色が綺麗な済州5大観光地を企画させていただきます。太平洋戦争当時の日本軍事施設、人間魚雷「回天」の格納庫である「松岳山陣地洞窟」、日本海軍飛行場の「航空基地アルトゥル飛行場」、司令官室、部屋、宿舎、医務室などのトンネル内部見学が出来る「平和博物館」、自然景色が綺麗な直径600Mの巨大な噴火口「城山日出峰」、 女神が流す愛の涙がある「山房山(山房窟寺)」、韓国に唯一の水が海に直接落ちる滝「正房爆布」、綺麗な六角形で、訪れた人がみな感嘆する「柱状節理」、世界で一番長い熔岩洞窟「万丈窟」をご案内させていただきます。 せっかくの韓国旅行の方々に韓国ならでは、弊社ならではの特別な思い出をプレゼントいたします。


済州太平洋戦争当時の日本軍事施設


松岳山陣地洞窟
日本軍は第2次世界大戦末期にアメリカ軍が沖縄本島に上陸するや、「本土決戦」への準備で要塞を続々と作りました。松岳山陣地洞窟は特殊潜航艇(人間が運転して敵艦に激突し、爆薬を爆破させる自爆兵器である、人間魚雷「回天」など)の格納庫で、断崖絶壁に14、5個の洞穴が点点と掘られています。ドラマ「チャングムの誓い」でチャングムが子供と産婦を手術により助けるシーン、チャングムがチャンドク師匠を鍼治療の実験台にして失敗してしまい、鍼の経穴(ツボ)を慎重に復習するシーンが5つめの洞窟で撮影されました。



航空基地アルトゥル飛行場
慕瑟浦‘アルトル’飛行場(日本海軍飛行場)の広さは66万平方メートルで、1926年から30年代半ばに建てられました。1937年日中戦争の時は上海攻撃の際にこの飛行場を利用し、戦争末期には米軍上陸予想地点「九大正面」の一つに数えられ、「決7号作戦」が発令、1945年終戦直前まで日本軍は飛行機整備場、弾薬庫、防空壕、通信施設、格納庫、誘導路、高射砲、飛行隊指揮所、宿所、附帯施設などの軍事施設を完成させたり、また建設中でした。 ‘アルトル’地域に元来完成された格納庫は20棟でしたが、現在残っている格納庫は19棟です。格納庫の規模は幅20m、高さ4m、長さ10.5mで、済州道内の日本軍軍事遺跡の中でよく保存され元型がそのまま残っています。



平和博物館
戦争の際に実際に使用されていた地下トンネルを体験学習場と観光地として活用するために作られた平和博物館は、済州地域の異色名所として脚光を浴びています。見学ができる戦争当時のトンネルは、全長約2キロのうちの300メートル。高さは1.6~2メートル、幅1.5~3メートルの規模で、そのトンネル内部には司令官室として推定される10坪あまりの部屋や、宿舎、医務室など、多くの空間があります。博物館にある資料は、1937年から1944年の間に当時の日本情報局、朝鮮総督府などが発行した週報と通報211冊を始め国語読本などの教科書、太平洋戦争などと関連した日本や韓国を含んだ世界各国のニュースや日本語版新聞・展示パンフレットだけでも300点を超える数を保存しています。そのほかにも、当時日本軍の写真や、火繩銃・対空砲火弾皮・軍服・鉄兜・水筒・トンネル構築の時使用した道具など、そして当時の生活用品にいたるまで数百点を収集して展示しています。




城山日出峰
海抜182mの城山日出峰は10万年前、海底噴火によってできた火山だそうです。城山日出峰は、済州道の東側の一番端にそびえ立つ大きな岩の塊で、日出峰頂上には巨大な噴火口があります。噴火口は直径600m、高さが90mで、面積が8万坪にもなり、大きな王冠を連想させる99個の鋭い岩が、噴火口の周りをぐるりと囲んでいます。 東・南・北側は絶壁で、西北面だけに芝が稜線状となり生えていて、それが城山村まで続いています。西北面は散策路としても造成されていて、そこでは乗馬が出来るようになっています。景色がとても綺麗で、日の出の名所としても知られています。




山房山(山房窟寺)
漢拏山の白鹿潭にあった峰が、引き抜かれ投げられてできたという伝説の伝わる「山房山(395m)」は、済州の他の山とは違って噴火口がありません。高さ5mの西南側絶壁にある岩洞窟は、本来は山房窟ですが中に仏像を安置してあるため、寺院と呼んでいます。洞窟の中には海岸線に沿って馬羅島と竜頭海岸の姿を見ることができます。また洞窟の天井には、一年を通して水滴が落ちており、洞窟の中に溜まっていくのを見ることが出来ます。 山房山の岩壁を守る女神 ‘山房徳’が流す愛の涙という伝説があります。 山房山の断崖の上の植物地帯は、天然記念物に指定されていて、済州で唯一「アサマツゲ」が自生している場所です。




正房爆布
正房瀑布は天地淵瀑布、天帝淵瀑布とともに済州島の 3大滝の一つで、韓国に唯一の「水が海に直接落ちる滝」です。昔の中国錦西皇帝の命令で不老草を探しに来た徐福という人が、不老草をなかなか探せず西に帰る途中、正房瀑布の美しさに魅了され正房瀑布絶壁に「徐不過此」という字を刻んだと言います。ここから見る西帰浦の夜景も絶景です。

柱状節理
地表を流れた高温の溶岩が冷却するときに上面では空気と接して、下面では地面と接しています。それぞれの表面で冷やされて、収縮割れ目(ちぢんでできる割れ目)ができますが、内部はまだ温度が高いので,冷えた表面から中心部に割れ目が進んでいきます。その割れ目のことを「節理」というのです。そしてさらに、その節理が柱状になったものを「柱状節理」と言うわけです! ここの節理はあまりの綺麗な六角形で、訪れた人がみな感嘆する場所です。神が作り上げたとしか考えられないように精巧に作られ、幾重にも重なった赤黒い石柱が屏風のようにならんでいます。





万丈窟
1962年 12月 3日天然記念物第98号に指定された「万丈窟」。済州旅行の代表的な名所である万丈窟は総延長 13,422mにもなる世界で一番長い熔岩洞窟です。 幅 2~23m、天井の高さは2~30mです。1977~1986年まで日韓合同調査が実施されました。済州には火山熔岩の沈下運動によって生成された天然洞窟は多いですが、万丈窟もその中の一つで石柱・鐘乳石などが地下宮殿のように壮観で、洞窟内部の規模は世界的に有名な洞窟です。洞窟が同じ方向に二重、三重に発達したことも万丈窟の地形的特徴です。暑すぎず、寒すぎない16~17度を常に維持し、コウモリやむかで・くも・ダニ・ざりがになどの洞窟生物が生息していて、藍藻類や青海苔の植物もみることができます。




神秘のトケビ(お化け)道路
通称「お化け道路」、名前の通りにお化けが出て、事故の多い道…というわけではありません。ここは、測量をすると傾斜3度ほどの下り坂ですが、周辺の地形のために上り坂に見える、という神秘の道なんです。世界でもなかなか体験することの出来ないこの現象、韓国旅行で体験してみませんか?缶ジュースなど転がせるものを持参すれば、上り坂を自力でどんどん上がる缶ジュース、止めておいたはずの車が坂の上へ上がっていることに出会えるはずです!

出発曜日

月 / 火 / 水 / 木 / 金 / 土 / 日


1日目 済州市内(宿泊ホテルへお迎え)出発→松岳山陣地洞窟→航空基地アルトゥル飛行場→平和博物館→城山日出峰→万丈窟→山房山(山房窟寺)→正房爆布→柱状節理→済州市内(宿泊ホテル解散)             
*予定時間:07:00~18:00

ツアー料金に含まれるもの:往復バス料金、日本語ガイド、観光地入場料,昼食1回含む。
注意事項:
1.ツアー料金: 7名以上14,000、4~6名14,500、1~3名15,000
2.旅行代金 1人当り料金(大人・子供同額)
3.本ツアーは最少人数3名で、最終2名で出発になった場合は一人当たり¥2,000の追加料金がかかります。
4.本ツアーは他のお客様との混乗車ツアーとなります。
5.ツアー当日の予約・交通状況によりコース順が多少異なる場合もございます。
6.ツアー中の天災地変、個人的事故、紛失等につきましては弊社では責任を負いかねます。
7. 歩きやすい靴でご参加ください。

キャンセル・返金について

ツアーキャンセル規定:
1.一週間前よりキャンセルチャージがかかります。(代金の30%)
2.前日キャンセルはツアー代金の50%
3.前日午後5時以降のキャンセル&無連絡はツアー代金の100%をお支払い頂きます。




所要時間
07:00~18:00
交通手段
バス
出発日時
7時「月 火 水 木 金 土 日」
主催会社
李’sファミリー(株)
集合場所
宿泊ホテル

一般ツアー
 3名以下 15,000 円 15,000 円
 4名以上 14,500 円 14,500 円
 7名以上 14,000 円 14,000 円
専用車貸切ツアー
0 円
0 円
0 円
0 円

人数
大人 男 大人 女
小学生 幼兒
一般ツアー
* 専用車貸切ツアーご希望者はチェックして下さい。
合計金額



     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.