淸溪川(チョンゲッチョン) 청계천

淸溪川(チョンゲッチョン) 청계천

淸溪川(チョンゲッチョン)

本々、淸溪川は長さ10.84km、流域面積59.83です。北岳山(プガクサン)・仁王山(イヌァンサン)・南山(ナムサン)などで取り囲まれたソウル盆地のすべての水がここに集まって東に流れている途中、往十里の外側の箭串橋(サルゴジダリ)付近で中浪川(チュンナンチョン)と合わせ西方へ流れて漢江に流れ込みます。本来の名称は開川(ケッチョン)でした。
朝鮮の漢陽定都当時の清渓川は自然河川そのままなので洪水になれば民家が浸水される水騷動を起こしたり、平時には汚水で不潔でしたが、朝鮮第3代の太宗が開渠工事をして初めて寸法事業を始めました。その後に英祖の時に浚渫・両岸石築・流路変更など本格的な小川事業を施行しました。この工事として川の流れが初めて直線化されました。純祖・高宗の時にも浚渫工事は続き、この小川に置かれた橋は水標橋・五間水橋・広橋・永渡橋・観水橋など24個でした。日本の植民地時代に清渓川で名前が変わり、近代的な都市計画の性格を帯びた大大的な浚渫工事が成り立った.
1958
6月から覆蓋工事に着手, 1960 4月に 1段階で広橋~舟橋に幹線道路を作った. 1967年~1976年清渓
を建設,2003 7月から始まったソウル市の清渓川復元事業区間は光化門の東亜日報社の前から城東区新踏鉄橋まで散歩道12.04km、最大幅84m5.8kmに至る. 2005 10 1 2年余りの工事を終えて清渓川の上に置かれた総22個の足を中心に正祖斑次図(朝鮮22代王正祖の華城行次を描いた絵)を含めた歴史的な資料を修復した都心の中河川で開通しました。主要な橋では毛廛橋(モジョンギョ)・広橋・ボドルダリ・ドゥムルダリなどがある.

清渓川説話
清渓川一帯は中人らがたくさん住んだ所で半分両班である中人たちの恨が立ちこめた地域でした。衆人だけでなく一般庶民たちが‘王様耳はろ馬耳’と大きく叫ぶことができた所が清渓川でした。

朝鮮王朝の王の中で注意深く民生を察したのは肅宗と成宗でした。ここでは民生を察するために広橋にお出ましした成宗のエピソードを紹介します。

ある秋の明るい夜でした。

平服身なりで大闕から出た成宗は武礼別監と何人を後に従うようにして物静かに眠ったソウル通りをあっちこっち察して通いました。その時思わず鐘路の広橋の上で成宗はふと歩みを止めて足の下を見下ろしました。まだ寒くはない夜が深くて人跡が切れた橋下に人がうずくまって座っていることが見えたからです。荷物を担っているその男は年は四十くらいになったように見えて服が非常に見窄らしい田舍人でした。事情を聞くと王様がいらっしゃる家が分からず、迷ってしまい、夜を明かすのを待つ中だそうです。何の用事で聞くと我が村で人ごとに言うのは王様が善良で民たちがどんな心配なしによく暮らすと言い、我が地元で出るなまことあわびをちょっと担って来たそうです。王様は自分の為に遠くから会いに来てくれた人に感動しました。善良で善良な成宗を尊敬してお目にかかろうと無条件上京した人は願い通り翌日に宮殿で王様にお会い、賞までもらって故郷に帰った話が伝わっています。


淸溪8
1.清渓広場

光と水の出会いを通じて夜に特に美しい姿を演出するように設計

清渓川始点部である太平路入口へ行けば清渓広場があり、市民たちの休息空間と同時に文化空間で、広場と噴水、探訪路を取り揃えています。噴水台の下では一日65000tずつ落ちる2段滝は見るだけで凉しく、出会いと和合を象徴する八道象徴石から独島を探す楽しさもあります。進入階段を沿って入っていけば清渓川を600分の1で縮小した60mの‘清渓ミニアチュア’には光ファイバを入れて夜にもきらきら輝く清渓川模型を鑑賞することができます。また噴水と壁面に沿って流れる清渓庭先の壁川も目立ちます。

2.
広橋
都城最大の橋で御けと使臣行列が過ぎ去る重要な交通路
広橋は六曹()通り-雲従街(現在の鐘路:都城の門があいて閉まる度に人々が雲のように集まってから散らばる意味)-崇礼門(別名では南大門)につながる都城の中の中心通路でした。周辺に市廛(市場通りの店)があって都城で一番多い人々が往き来した橋です。朝鮮3大王の太宗(李芳遠)10年に貞洞にあった太祖(李成桂)の妃である神徳王后の墓を貞陵に移して、残った墓支石を逆に積んで橋をかけました。

都城最大の橋で御けと使臣行列が過ぎ去る重要な交通路でしたし、お正月には踏橋とたこ揚げ場所でもありました。元々あった場所からちょっと移されたりしましたが、歴史的史料としても価値があります。

3.正祖斑次図
世界最大規模の陶磁壁画で、長さ192m、高さ2.4mの作品
朝鮮22代王正祖大王が母親の還暦を記念してお父さん思悼王世子の墓を参拜するために華城に行く王の行列を陶磁壁画に再現したことで檀園 金弘道(キム・ホンド:朝鮮後期画家)と当代の画員達が描いた、お出ましの格式と楽隊構成など君主の威厳と秩序がよく現われています。


4. ファッション広場(文化の壁)
自然・環境を主題にしたモダン美術家5人の作品

人間と自然の共存と調和を主題で製作した'文化の壁'と凉しい水かさをふいてあげる河川噴水、やや小さい文化空間である水辺舞台が調和した休息空間です。

文化の壁

自然・環境を主題にしたモダン美術家5人の作品で五間水門の上流に設置されていてそれぞれの作品大きさは横10m、縦 2.5mです。

5.
清渓川洗濯場址
昔の女性たちが洗濯をした所

昔の女性たちが洗濯をした所を茶山橋永渡橋の間に再現しておきました。実際は洗濯をするとか水を汚す行為は禁止されています。隣近の黄鶴市場は韓国で指折り数えられるフリーマケットが開かれる所で珍しい品物にあえます。

6.所望の壁
20,000人の市民が参加して念願を画いた壁

20,000人余りの市民が参加して彼らの所望と念願を直接書いたり、描きました。

清渓川復元事業にソウル市民は勿論, 地方広域市・都・海外同胞など全国民の参加を誘導した記念物です。横、縦 10cmの陶磁器質タイルに各自の所望を表現したことで黄鶴橋(ファンハクキョ)と庇雨堂橋(ビウダンキョ)の間の両方壁に 50mずつ設置されています。

7.存置橋脚とトンネル噴水
渓高架道路の橋脚、トンネル噴水、黄鶴リズム壁川

存置橋脚

清渓高架道路の橋脚の中で一部を20038月、当時撤去しないで残しておいたことで庇雨堂橋(ビウダンキョ)と無学橋の間にあり、清渓高架道路を取り除ける当時撤去しない3個の橋脚が残っています。

近代化の象徴である高架道路の橋脚を残すことで後代に清渓川復元の意味を振り返る意味を残すためです。

トンネル噴水

空にほとばしる噴水と違い5m高さの石垣の上でふいて出た水かさが照明と共に派手なトンネルを成しながら河川に落ちます。

幅が50mである庇雨堂(ビウダン)トンネル噴水は総42個のノズルが設置され、水かさの噴射距離)16mに至ります。噴水からふいて出た水かさが照明と共に派手なトンネルを成しています。
黄鶴リズム壁川
黄鶴橋(ファンハクキョ)と庇雨堂橋(ビウダンキョ)の間
に位して、石垣上に水があふれて壁に沿って流れる形態で、魚が清渓川をさかのぼる姿を表現している水景施設とともに貯水辺には木材デッキを設置して市民たちがこちらで楽な休息を取るように雰囲気を造成しました。

8.
柳湿地
清渓川の鳥類保護区域

魚類、両棲類、鳥類など多様な生物たちの住む空間を確保のために柳・花菖蒲など水生植物を植栽した湿地を造成した所です。

清渓川の中で一番自然的・生態的空間で、鴨・ナマズ・鯉・メダカ・どじょうなど魚類たちに会う興奮も感じることができます。この地域は鳥類保護区域に指定されました。

清渓川の22個の橋
1.毛廛橋(モジョンギョ)
毛廛近所にあったので毛廛橋と言いました。毛廛は各種果物を売る店を言うのに、大通りの街角に設置したから付けられた名前でした。

2.広橋(クァンギョ)
都城最大の橋で御けと使臣行列が過ぎ去る重要な交通路
広橋は六曹()通り-雲従街(現在の鐘路:都城の門があいて閉まる度に人々が雲のように集まってから散らばる意味)-崇礼門(別名では南大門)につながる都城の中の中心通路でした。周辺に市廛(市場通りの店)があって都城で一番多い人々が往き来した橋です。朝鮮3大王の太宗(李芳遠)10年に貞洞にあった太祖(李成桂)の妃である神徳王后の墓を貞陵に移して、残った墓支石を逆に積んで橋をかけました。

都城最大の橋で御けと使臣行列が過ぎ去る重要な交通路でしたし、お正月には踏橋とたこ揚げ場所でもありました。元々あった場所からちょっと移されたりしましたが、歴史的史料としても価値があります。


3.
長通橋(チャントンギョ)
朝鮮時代に長通坊があった場所です。

 4.水標橋(スピョギョ)
橋横に小川の
水位を測定するために水標石を立てた以後水標橋と言いいました。
1959
年に清渓川の覆蓋工事の時に奨忠壇公園に移して保存しています。

5.
河浪橋(ハランギョ)

 近所に河浪尉(ハラングウィ)の家があったからです。


 6.孝経橋(ヒョギョンギョ)
近所に盲人がたくさん住んだと言って盲橋ともいいました。



7.
馬廛橋(マジョンギョ)
近所に牛馬を売買する馬廛があったから付けられた名前です。

 8.五間水門(オガンスムン)
清渓川の水が城外にくぐるようにするために城壁の下に設置した水門でこれが五つあったので五間水門だと言いました。ただ城壁を守るとか水門を管理するためにその前に長い石をおいて橋の機能を竝行するようにしました。

9.
永渡橋(ヨンドギョ)
朝鮮成宗(朝鮮第9代王:在位14691494)の時の僧侶が建て、興仁之門の外にある東廟と往十里を連結する通路でした。高宗初の大院君が景福宮を修理する時に持ってきた石材を使い、日帝強制占領期間コンクリート橋に改築されました。
端宗(朝鮮第6代王:在位14521455)が王位を奪われて魯山君になり、寧越に流刑になって行く時彼の妃である定順王后宋氏がこちらまで出て永久な別れをした所たと言って永離別橋とも言われています。


 10.
三一橋(サムイルギョ)
1919
3 1日の独立運動を記念して付けました。

11.
観水橋(クァンスギョ)
観水洞に位し、清渓川の
水位を観測したということに由来。

12.
世運橋(セウンギョ)

 現在の世運商店街に接して建てられた橋で、世運商店街の名称を引用しました。


13
.ベオゲ橋

 ベオゲ峠があった所です。

14.
ナレ橋
蝶が羽を伸ばした形象の橋で、東大門衣類商圏の中心地域に位し、世界ファッション1番地にで翔ける意味です。

15.
ボドル(柳)橋
大きい柳の木が多かった所です。

16.
マルグンネダリ
 
清渓川をハングル語に変えた名前で清渓川を象徴することができる橋名称なので決定しました。


 17.
茶山橋(ダサンギョ)

 朝鮮中期実学者丁若鏞(17621836)の号を付けた道路です。


18.
黄鶴橋(ファンハクキョ)

 昔のこちら田畑に黄鶴が飛んで来たという伝説から始まります。

19.
庇雨堂橋(ビウダンキョ)
朝鮮世宗の時代表的な清白吏で知られた柳寛(13461433:高麗末・朝鮮初の文臣)先生のお宅がこの橋近くだったので、彼の清廉さは雨が降る日にも部屋の中で傘を支えて持って雨宿りした位だったと言う由来からです。


 20.
無学橋(ムハクギョ)

 朝鮮開国初にこの道路の終点地域である往十理平野地域に都邑を決めようと太祖李成桂に付いて地上を見回った古僧の無学大師で由来した無学路の名前を引用しました。


21.
ドゥムル橋
橋位置が過去の清渓川支流が合流された地点で二つの水が会う橋という意味で橋模様もお互いに会う形象になっています。

22.
古山子橋(ゴサンジャギョ)
朝鮮時代大東輿地図を作った金正浩の号を取って建てた橋で、隣近に同じ名前の道路である古山子路と連関されて付けられました。

関連ツアー


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.