伝統天然染色家アン・ファジャ工房

伝統天然染色家アン・ファジャ工房

統天然染色家アン・ファジャ工房
“世の中でただ一つの色を作る芸術”、 “衣服を選んで着るということは健康を着る

統天然染色家アン・ファジャ氏は衣服を選んで着るということは健康を着るということだそうです。
現在は化
学纎維時代から天然維時代への化が加速化されています。
天然染色は言葉とおり自然の色を再現することなので、その原料を豊かに求めることができる所で、まともに、そして、思いきり表現することができるものです。もうちょっと美しい色を捜して全国をまわるのは勿論、天然染色が発達された世界各国を歩き回りながら研究する苦労を厭わなかった彼女は韓国で一番多い天然染料の植物を栽培して多様な染色材料を易しく求められる南道地方に定着しました。
先祖たちは季節が変わる度に新たに咲き始める草と花を染色原料にして季節に当たる色を造りました。 チォックプル()で空色を、松の皮で赤い色を、の根で濃い黄色を、鬱金の根で薄い黄色を、くちなし(で黄色を、柿・栗・きびで茶色系統の色を…、その他にも紅花・五倍子等々すべての自然で色素を抜いて使いました。この天然染色材料はまた、大部分漢方薬材料で使われて、防腐・防虫・防湿成分があって布を長く保存するだけでなく、天然食用色素でも活用しました。

世の中でただ一つの色を作るのは信念なしにはしにくい作業

もう、色んな化学染料たちが開発され、願う色をいくらでも易しく手に入れることができるこのごろに一つの色を出すために染料になる植物をいちいち栽培して色が出るまで多くの手助けと長い時間をかける過程はかなりの信念なしにはしにくい作業です。一例で藍色の場合は材料であるチォックプル()8月中旬の霧が立ちこめる早曉に切り取らなければとまともな色を得ることができません。次に大きいかめに小川の水でしっかり積み重ねて一週間を腐らせ、引き続き1800℃以上の釜火で焼いて碎いた貝パウダーをチォックプル()の腐った水に正確な割合で交ぜ、2時間ほど掻きまぜると染色の一番重要な兆候になる泡(花泡)が立つようになります。花泡が立った二日後に石灰が色素を含んで沈めば上に分離した水をこぼし出し、ここにチォックデ(草枝)と豆枝を焼いて作った灰汁を正確な割合で交ぜておき、二ヶ月の間たまに掻きまぜます。そうすれば、石灰とチォックムル()の色素が分離し、晴れた日にチォックムル()の色素に醸造酢を適当に交ぜて十回ほど、水を入れて乾かした後に流れる小川の水で不純物をとり除いてまた乾かせば韓国伝統の色である藍色が漂うようになります。

彼女は世の中でただ一つだけの色を得るために自然の中で過ごし、染料を採集し、またよく使う色の植物染料は畑に直接栽培しました。そして主にと明紬などにだけした天然染色を毛糸にまで適用する新しい試みも怠らないでした。
また、せっけんに良い植物性油と各種植物と薬剤、そして実などを入れて作った手作りの天然せっけん。
自分の染色ノーハウを適用させてきれいな色のせっけんを作る一方、ハーブと漢方薬を混合して各種疾患治癒效能といっしょに肌タイプ別に合う多様な天然せっけんを開発しました。
天然染色体験も可能です。


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.