伝統酒研究家パク・ロクタム伝統酒研究所

伝統酒研究家パク・ロクタム伝統酒研究所

伝統酒研究家パク・ロクタム伝統酒研究所
酒はお酒をつける人の真心を飲む

伝統酒研究家パク・ロクタム氏は現在「韓国伝究所」の所長で、詩人と同時に統酒究者です。彼は朝鮮大校を卒業して, 高麗大校自然資源大院で食品加工攻しました。17年間、国内伝統酒、家釀酒にする現場調査と掘活動に念し、現在は統酒室を通じて消えた統酒再現と大衆化運動に心血を傾けています。
時間のある限り、一人で試してみたお酒が 400種が過ぎ、17年の少なくない歳月の間に数百種のお酒をつけるのを繰り返す過程で、誰よりも多くの失敗を通じて得た経験的要領と今まで私たちが分からなかった伝統酒の本当の味を見せようと努力しました。

パク・ロクタム氏は伝統酒に対する正義と農耕を始めてからお酒を造り始め、三国及び統一新羅時代、高麗・朝鮮時代・現在に至るまで多様なお酒の歴史、韓国伝統酒の伝統性、釀造するのに込められた多様性と季節性、薬理性は世界どの民族にも劣らなく、体質に当たる穀酒、多様な味と香、季節感と風流、健康を助ける薬酒を通じて証明しました。
お酒をつけるためには秋期に麹を造り、長い時間で醗酵・熟成させた後に材料を清潔に洗って水道水を沸かして貯めておいて用意した器と道具を酒甕いれて適正な温度を維持して熟成させます。若者達がよく感じる “一瞬に何か成す”と言う考えは捨てなければならなく、
酒はお酒をつける人の真心を飲むことだという心の姿勢が重要だそうです。

家釀酒と言う意味はそのまま家でつけたお酒を示します。
韓国は昔から家庭でお酒をつけて飲む風習があり、地方によって、家門(家柄)によって、またお酒をつける人の腕前によっていろいろの方法と技術を発揮した家釀酒たちが登場して味と香りを誇り、このような背景で郷土性を帯びた土俗酒が銘酒で登場し‘名家銘酒’という言葉ができました。
名家銘酒とは ‘有名な家においしいお酒がある’の意味です。有名な家とは士大夫と富裕層、勢道家たちを示すことで、これらの家にはお客さんたちの出入りが頻繁で、また内外のお客さん接待においてお酒の接待が礼と道理に認識されられて、各々の美酒を造り出してお客さん接待と祭祀などの家庭行事に利用して来ました。

家釀酒は何より伝統酒を造る時の材料の処理法を始じめ酒の味と香臭など伝統酒の特徴と先祖のすぐれた釀造法を土台に直接再現して見てその結果を土台で造ったそうです。

20
年の間、韓国固有のお酒である家釀酒研究のために全国津津浦浦を探し通って再現したバッ・クロックダム先生が釀造する方法を本で一つ一つ公開しました。醗酵剤で使われる麹作りから濁酒類と速成酒類、甘酒類、清酒類、加香酒類、焼酒、混養酒類など伝統銘酒のすべての部分を幅広く扱って紹介しています。
パク・ロクタム氏は淑やかな枝落としたが伝統与える醸造過程から釀造する人の心得が重要で、お酒は単純に飲み物だけでなく人間を重視する人間に対する敬虔な生の態度を持っているそうです。

ソウルにパク・ロクタム伝統酒研究所があり、体験もかのうです。


     
HOME | 会社案内 | ログイン | 会員登録 | お問い合わせ
Copyright (c) Tabikr Communications. All rights reserved.